街はトワイライ

CD屋トマト先輩の日々

こいのぼり

伝えてくーれひとつだけー 僕はー元気だとー

a few of phew

ニューワールドが一番

この春

この春(2017.03.04.05)

1981

たそがれの世界

まつろわぬ民

宮崎 話がどうも脱線してますが、僕は、日本の自然保護の方法というのは、全ての山川を神社にしてしまうしかないんじゃないかと思う(笑)。 「この山は御神体だ」とか、白神山中は、「あの山こと神のいます場所だ。そこをお前らは穢すのか、七代祟るぞ」(…

39

この冬

この冬(2016.12-2017.01-02)

資本主義の終焉と歴史の危機

資本主義の終焉と歴史の危機 水野和夫 集英社2014 あらかじめ結論を言うならば、グローバル資本主義とは、国家の内側にある社会の均質性を消滅させ、国家の内側に「中心/周辺」を産み出していくシステムだといえます。p166 それでも資本主義は自己増殖する…

酒紀行

サントリーオールド

c-T

陽水アルバム未収録

アンドレカンドレ 1969 A1 カンドレ・マンドレ B1 終わりがないのは A1 ビューティフル・ワンダフル・バーズ B1 闇の中で 1970 A1 花にさえ、鳥にさえ B1 さあ、おぬぎ 井上陽水 1973 A1 夢の中へ B1 いつのまにか少女は 1974 A1 闇夜の国から B1 いつもと違…

1月の現状

本当に好きなアルバム

上田現 コリアンドル 1991 ラテンプレイボーイズ LATIN PLAYBOYS 1994 戸張大輔 ドラム 2009

ブラトマト04 鹿児島県鹿児島市

毎週木曜ブラトマト。ブラしたトマトのひとりごとコーナーも4回目。今回は鹿児島市!今もそうだったけど、変換したら「加護しました」となるのですが、すごい。昔キリシタンがこの地に・・という歴史もさっき見たぞ。関係あるのか? ■路面電車 真っ先にみる…

ブラトマト03 北海道函館市

こんばんは。一週間早い。週一企画にしてしまい失敗したと少し思いつつも今回のブラトマトは北海道は函館!函館はさすがに聞いたことあるぞ場所もなんとなく把握している。とおもいつつ、調べたら範囲のほとんどが山で、こんな場所だったのかと最初から勉強…

資本主義の終焉と歴史の危機

水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』 集英社新書 2014 それまでの国家と資本の利害が一致していた資本主義が維持できなくなり、資本が国家を超越し、資本に国家が従属する資本主義へと変貌している 水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』p81 資本主義…

ブラトマト02 岐阜県岐阜市

ブラトマト02 岐阜県岐阜市 こんにちは、ブラトマトです。今回は岐阜県の岐阜市!なかなか範囲が広いのでぼんやりした感じになりそうな気もしつつ。探索スターツ。 地図で最初目に入ったのが「鵜飼い大橋」という名称で、あの鵜飼いってここなんだ!とか、な…

その日ぐらしはパラダイス

水野阿修羅 『その日ぐらしはパラダイス』 ビレッジプレス 1997年 『叫びの都市』出版イベントでのゲストとして話されていた水野阿修羅さん、その言葉がとても印象的だったので、たぶん唯一の?本を早速手に入れた。京都新聞に連載されていたコラムをまとめ…

ブラトマト01 京都市左京区岩倉

「ブラトマト」01 京都市左京区岩倉(いわくら) はじまりましたブラトマト、最初の土地に選ばれたのは京都!メールに残っている一番古いお問い合わせがこの左京区岩倉○○○からのものでした。こないだ行ったばかりだし、なーんだ京都か(笑)という感じで早速グ…

「ブラトマト」概要

新企画!「ブラトマト(仮)」 毎週木曜(仮)にお送りするバーチャル散歩企画! 日本全国の数ある市町村からランダムに選ばれた知らない街を、グーグル先生などインターネッツを活用し、座ってながらにして探索してみよう。という企画です。 ●ルール ■市町村ラ…

叫びの都市

原口剛 『叫びの都市』 2016 ↑の「通天閣」のタグを遡ってみるとほぼ1年前からはじまった大阪ディープサウス、改め自分的にはまとめて総称「通天閣」についての文献集め。『釜ヶ崎のススメ』そしてなにより酒井隆史氏とのジェントリフィケーションについての…

この秋

2016.9-10-11

大阪放浪記2016秋②

2016.11.20日 いつもは窓開けたら隣の窓なのに一転今回の部屋は絶景でした。1001号室。 玉出の公園でのバザーに潜入 枯葉舞うションベンガード 難波屋カレー。 難波屋で工藤冬里さんと少し話せたのは曇った昼下がり。本番は見れなくて残念だったが、瓶ビール…

大阪放浪記2016秋①

2016.11.18金 「たつ屋」 ホルモン鍋1人前800円。動物園前のファミマの裏。相撲見ながら。うまかった。 「喫茶マヅラ」 梅田地下街。万博あたりの内装だろうかまばゆいカラクリプラスチック。フルーツパフェ 「ひげ勝」 西成花園。ここの串カツは別のとちょ…

原口剛さんインタビュー

紙面掲載した書評をご紹介 「図書新聞」の書評コーナー 上記リンク先。「図書新聞」3130号2013年10月12日掲載と思われる『釜ケ崎語彙集1972-1973』への原口剛さんインタビュー。そのとてもわかりやすい釜ヶ崎の成り立ちについての語りは、『釜ヶ崎語彙集』へ…

西萩町

どうしても目指すは西萩(にしはぎ)である。おぎではない、はぎ。チエちゃんの住んでる町であり、はるき悦巳の出身地。今の地図には無いが架空ではなく、実在していた町。プレート※によると大正14年~昭和48年(1925~1973年)まであった町。 そのことはじ…

通天閣 第一章「ジャンジャン町パサージュ論」

しかし、このような短期的利潤取得への動機が強かったからこそ、というようり厳密にいえば、長期にわたる人間の教育やそのための装置の構築などには興味をもたなかったからこそ、大土地の動きは、もともと当該の土地あるいは空間性がはらんでいた潜在的傾向…

通天閣

ほぼ一年ぶりに読み返し始めている。酒井隆史の大著『通天閣』。1年前にここから始まっていろいろ巡って一度戻ってきた。14ページに及ぶ膨大な巻末の参考文献ページ、通天閣~いわゆる大阪ディープサウスに関する資料用資料としても起点となる1冊である。 た…

通天閣

「ディープサウス」と呼ぶのはなんか違和感を持つので「通天閣」でまとめる一連の。