読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街はトワイライ

CD屋トマト先輩の日々

大阪放浪記③ 2015.3.31昼

半ば豊田さんに急かされるように起きぬけ急いで歯磨きしていつものホテル前で落ち合い、いつものモーニングへ。まだ朝6時台。MT朝強い・・・

小さなサンドイッチとコーヒーいただいて、喫茶店出ると、もう一軒気になるところがあるから行ってみましょう。と散歩がてら、まさかのモーニングはしご。なんか半分シャッター下りてて店名もでてなくて紫で、、、あの2件目の喫茶店はいったいなんだったんだろう。でも近所のおっちゃんらで賑わっていた。

f:id:cdya:20150408204605j:plain

 

 

そっから少し萩之茶屋あたり散歩した後、またすぐに用事がある豊田さんとは名残惜しくも午前中で別れ、ここからはほぼ一人行動の大阪の街。今回また大きな目当てのひとつである飛田東映の見たい映画上映12:35までまだしばらくある。この映画館、この日3.31までの営業であり、夜もライブに行くのでこの日のこの回しか見れないようなスケジュール、ホテルでごろごろ甲子園みて(そう、2打席連続満塁ホームラン!)、散歩して時間かせぎ、飛田東映へ。

f:id:cdya:20150408204640j:plain

まあ結果、昼間にいきなり「竜二」みたら胸にぐさーっと来ますよー?笑と豊田さんに言われた通りになった気もするけど、閉館の最後に選ばれた作品がどんなものか見てみたかった。しかもあの場所で。「竜二」にして正解だった。荒くれた館内、扉開けるとワンカップやらおにぎりが見えて、席は半分埋まってるか埋まってないか程度。最後の日だという感傷もなんか特にないような空気がよかった。開いてるとこに座ろうとしたがイスがボロボロでガムテで補強されてて、うあ、と思ってきれいなトコに陣取る。右上の非常灯がまぶしいがまあいいか。前方でタバコ吸っていたり、上映も中ごろに携帯が鳴って、むむ。と思うが、鳴るどころかそれに出て話しだすおっさんが見れたのもいい思い出でしょう。

f:id:cdya:20150408204744j:plain

 

 

 映画館からとぼとぼホテルへもどり、まだ日は高く、さてどうしようかと、ぱっとひらめいたのが天満宮だった。今回寄席には行かないので、あのあたりはコースからはずしていたのだが。やっぱりこの新今宮~動物園前に程近い宿は動くのにとても便利だなと今回も思った。宿は安いし。天満宮は思っていたよりずっと立派で、繁昌亭はずっと小さかった。そこでは桜があちこちで咲いていてみんな写真を撮ってて、天気は快晴。ほんと偶然にもすばらしい時期に大阪へ来れたものだ。動物園前→[市営堺筋線]→南森町

f:id:cdya:20150408210347j:plain

 

 

そこからひたすら北へ。天神橋筋商店街、大きなアーケードがひたすらひたすら続く・・・。なにやら日本一とか?しかし今回ほんとに何も買わなかったが、通りに活気があって、観光地、土産物屋ではない、住んでる人たちが行きかう生きた商店街をみてるだけでも、懐かしい気分になって、そういえば沖縄にアーケード街なんか残ってるか?などやたら沖縄のこと心配していた。その思いは今もずっとひきずっている。古ければいいのか?新しいとだめなのか?いやそういう意味ではやっぱりない。いろんな顔だ。いろんな顔がある店、街がやはり味わい深いんだと思う。沖縄は気づかないうちにすぐイオンとサンエーとコンビニだけになるでしょう。止められないものなのか。止める必要も無いのか。車社会が原因なのか?寿命も縮む。

 

 

f:id:cdya:20150408212812j:plain

■「銀座屋」(大阪・天満)

ひたすら歩くと先には天満駅、あれ。と思ったら目の前に「銀座屋」だった!ここも以前から豊田さんにおすすめされていた立ち飲み屋。確かにちょっと敷居は高いが、折角来たからと一人分開けてもらう。瓶ビール大に、まぐろ、白子、湯豆腐、全部で1050円。さっと出てしまったけど、ここは美味しかった。またゆっくり飲みたい。元気なおにーちゃんが厨房でお客さんと冗談やりあいながら対応してて大阪だなあとまた思った。

 f:id:cdya:20150408212842j:plain