読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街はトワイライ

CD屋トマト先輩の日々

資本主義の終焉と歴史の危機

資本主義の終焉と歴史の危機 水野和夫 集英社2014

 

f:id:cdya:20170227120719j:image

 

 

 あらかじめ結論を言うならば、グローバル資本主義とは、国家の内側にある社会の均質性を消滅させ、国家の内側に「中心/周辺」を産み出していくシステムだといえます。p166

 

 それでも資本主義は自己増殖するプロセスですから、利潤を求めて新たなる「周辺」を産み出そうとします。しかし、現代の先進国にはもう海外に「周辺」はありません。そこで資本は、国内に無理やり「周辺」をつくり出し、利潤を確保しようとしているのです。

(中略)

 日本では労働規制を緩和して非正規雇用者を増やし、浮いた社会保険や福利厚生のコストを利益にするわけです。p168

 

 「努力した者が報われる」と宣言して、報われなかった者は努力が足りなかったのだと納得させることで、先進国内に見えない壁をつくり、下層の人たちから上層部の人たちへ富の移転を図ったのです。収奪の対象は、アメリカであればサブプライム層と呼ばれた人たちですし、EUであれば、ギリシャなど南欧諸国の人たちです。日本の場合は非正規社員です。p176